フリーローンの返済方法というものは会社の経営方針如何で随分へだたりがありまして、いろいな方法が選択されております。

基本的にはスライド法やリボ方式などが多いみたいです。

またこういった誰でも聞いたことがあるリボでも、実のところ計算方法に様々な様式というものがあるのです。

それでさような手法によっては支払総額が違ってきてしまうわけですから知ることで負担はないはずです。

ではわかりやすく2つの方法の違いに関して説明します。

はじめは元金均等払いというもので、二つめは元利均等払いです。

それぞれそう呼ばれているように元金を均一に払っていくというものと元本と利率に関して一緒にして一様に払っていく手法になります。

このケースではもし10万円借り入れたとし、どういう勘定をするのか試してみます。

利子に関してはどっちも15%と仮定して計算します。

それからリボ払の金額は1万円と設定して試算します。

差し当たって元金均等払いからいきましょう。

かかる時の最初の返済に関しては1万円に利子分1250円を加えた支払となります。

2回目の返済については1万円へ利息分の1125円を計上した返済額となるのです。

こういったようにして10回分にて支払いを済ませるという方式となります。

一方、元利均等払いとは最初の引き落しについては1万円でそこから元本へ8750円利息へ1250円という具合に割り振ります。

次の支払いについては元金が8750円へと減少した状態で利息を勘定してその1万円からまた割り振ります。

別のことばで言えば元利均等払いのケースは10回で支払いが完了しないといった算出になるのです。

たったこれだけの差異で両方がいかに相違しているかが十分にわかってもらえたことでしょう。

元利均等というものは元金均等と比肩して、明白に元金が減るのが緩慢という難点といったものが存在したりします。

要するに利子というものを余計に出すと言う状況になるわけです。

他方、はじめの引き落しが少額で落着するというメリットというものも存在するのです。

こういった引き落し手法の差異に連動して、支払合計額というものが異なってきますので自身の返済計画に合う計画を取るようにしていきましょう。